環境方針・品質方針

環境方針

キヤノントッキ株式会社は、キヤノングループ環境憲章に基づき環境保証基本方針に掲げたEQCD思想の深耕により、環境にやさしい製品を生み出す独創性のある有機ELパネル量産製造装置および薄膜系太陽電池製造装置を中核とする真空技術応用製品を提供し、環境の保全と環境汚染の予防に貢献するとともに、人の健康と安全および自然環境を脅かす、反社会的行為を排除いたします。

又、組織を取り巻く近隣、地域社会から地球環境に至る様々な環境問題について積極的な取り組みを実施し、持続可能な循環型社会を目指した活動を推進することで、国内のみならず世界の人々から尊敬される企業をめざします。

環境保全に必要な環境目的・目標を具体的に定め、環境マネジメントシステムを着実に実行し、環境汚染・災害の防止を図るとともに、定期的な見直しにより、継続的な環境改善に取り組みます。
環境に関連する法規制、条例及び、地域・近隣との協定、業界の行動規範等、その他の利害関係者との合意事項を遵守します。
事業活動のあらゆる面で、環境影響を認識し、環境汚染の予防に努めます。

(1) 廃棄物の削減
(2) 省エネルギーの推進
(3) 3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進
(4) 有害物質の排除
(5) グリーン調達の推進

製品の設計・開発にあたっては環境への負荷を考慮し、より良い環境を作り出す製品を提供していきます。
社員一人ひとりの環境意識を高め、自らが環境保全活動を遂行できるよう、環境教育・ 啓発活動を展開します。
本環境方針は、社内掲示により全従業員及び、駐在する協力会社社員等に周知させるとともに、ホームページの掲示により一般開示します。

EQCD思想

E:Environment(環境保証) 環境保証ができなければ作る資格がない
Q:Quality(品質) 品質が良くなければ売る資格がない
C:Cost(コスト) コストが達成できなければ競争する資格がない
D:Delivery(納期) 納期が達成できなければ競争する資格がない

2017年1月1日
キヤノントッキ株式会社
代表取締役社長兼COO
鵜澤 繁行

品質方針

世界一の技術・品質・サービスを継続的に追求・提供し、「顧客感動」を創造する。

2017年1月1日
キヤノントッキ株式会社
代表取締役社長兼COO
鵜澤 繁行